破壊屋ブログ

ネタ系映画ブログです。管理人はこの人→http://hakaiya.com/giccho

2017年 誰映画 投票開始+鋼の錬金術師の陰謀+今年の映画あるある

ネット上の工作員たち

去年の俺は誰映画の告知文

「ファンキー加藤の新作映画、公開前で誰も観ていないのにレビュー点を下げる行為がネット上で流行った!そういう真似はやめろ!どうしてもやりたければ誰映画でやれ!」

と書きました。ところが今年は逆の現象が起きました。『鋼の錬金術師』が公開前なのに怪しい絶賛レビューが続々投稿されたんですね。集計企画やっている側としてはジャニーズ関係の組織票や工作員票は割りと深刻な問題です。


f:id:hakaiya:20171227203839p:plain
Yahooの映画レビューでは公開前の11月18日の夜に絶賛レビューが40個投票された。その多くはHey! Say! JUMPの山田涼介の演技を評価する内容だ。彼は演技がめっちゃヘタなのに…


f:id:hakaiya:20171227203830p:plain
投票者の情報を見ると『鋼の錬金術師』と山田涼介を褒めるためだけに作られたアカウントだとわかる。


f:id:hakaiya:20171227203821p:plain
同じ山田涼介主演の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』と『鋼の錬金術師』だけを褒めるアカウントも複数ある。文章の漢字をよく見ると中国語表記になっている。

2017年はロシアがアメリカの世論形成やトランプ政権に関与したと思われる「ロシア疑惑」が話題になりましたが、日本も中国からジャニーズ人気を捏造されているんですねぇ(発注元はどう考えてもジャニーズ側なので中国関係ないけど)。

というわけで今年もそういう動きとは無縁の『この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞』をやります!下記のリンク先から投票お願いします。

この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞


1月中旬に締め切り予定。今回は投票期間がだいぶ短くて申し訳ないです(投票数減らしたいので…)。

あと今回からは結果発表の解説はやめておきます。アレを書くのは超キツくて毎年数ヶ月かかっている上に、毎年皆さんを怒らせているので…。ただし「今年公開された映画あるある」はやります。とりあえず途中まで書いたのでちょっと公開。


2017年の映画あるある

2017年のブラック女優大賞は平祐奈

平祐奈、忙しすぎ!なんと9本の映画に出ています。

  • キセキ -あの日のソビト-
  • きょうのキラ君
  • サクラダリセット 前篇
  • サクラダリセット 後篇
  • 暗黒女子
  • ReLIFE リライフ
  • 忍びの国
  • 写真甲子園 0.5秒の夏
  • 未成年だけどコドモじゃない

さらに進化したオクラホマミキサー

似たようなキャスティングの恋愛映画が大量生産されるオクラホマミキサー現象(男優と女優をシャッフルして別の映画を作る現象)ですが、2017年はさらに進化しました。
中川大志と平祐奈は『ReLIFE リライフ』でカップル役を演じる一方で、『きょうのキラ君』では恋のライバル!さらに言うとこの二人は2016年の『四月は君の嘘』でも共演済み。もはや恋愛映画界のキャスティングはオクラホマミキサー現象というよりも、付き合ったり別れたりを繰り返すリア充サークルのカップルみたいになりました。
また平祐奈が酷使されていることからわかるように、主役を張れる新人俳優も不足気味。だから20代後半のアイドル俳優たちが高校生役を演じるのも当たり前になってきました。まあこれは芸能事務所がゴリ押しするアイドル俳優がどうしても20代後半になってしまうのがメインの理由ですが。
でもこの手の恋愛映画は結構面白いのもあって、今年は某中高生向け恋愛映画を映画秘宝のベストに送りました!

闇あるところに光あり

「光」を使ったタイトル多すぎ!閉塞感のある時代だからこそ「光」という言葉に想いを託すのかな?実際、2017年のマジメ系日本映画は「孤独や絶望を抱えながら生きている人々が触れ合う物語」がいつもより多かったです。

  • 光(大森立嗣監督)
  • 光(河瀨直美監督)
  • 光と禿
  • 光と血
  • 光をくれた人
  • 三つの光
  • あの日、兄貴が灯した光
  • ひかりのたび

というか『光』が二本も公開されたので映画業界の皆様、データの衝突は大丈夫でしたか?hakaiya.comではデータが衝突しちゃいました…。

僕の名は。

タイトルに「僕」がある映画も多くなりました。

  • ギフト 僕がきみに残せるもの
  • ショコラ ~君がいて、僕がいる~
  • ワンステップ ~君と僕のメロディ~
  • 僕とカミンスキーの旅
  • 僕と世界の方程式
  • 僕のワンダフル・ライフ
  • 僕らのごはんは明日で待ってる
  • さよなら、ぼくのモンスター
  • ぼくと駄菓子のいえ
  • ぼくと魔法の言葉たち
  • ボクの悪魔

アニメ化する日本映画

数年前から中高生向けの学園モノ映画を観ていると
「なんかアニメっぽい演出だなぁ」
と感じることがあったけど、2017年は

  • 銀魂
  • 鋼の錬金術師

の二本が特に「アニメ演出だなぁ」と感じました。『銀魂』はテレビアニメに寄せた結果で、『鋼の錬金術師』の曽利文彦監督はアニメ映画も得意だからですね。


前後編映画

前後編映画も定着してきましたが『3月のライオン』が失敗したので、実写映画の前後編は減っていくのでは?ナオト・インティライミは続編が作られただけでも驚きなのに、さらに前後編。本当に誰が観に行くの?アニメ『オーバーロード』『甲鉄城のカバネリ』は総集編なのに前後編に分けている…。

  • 3月のライオン
  • あゝ、荒野
  • サクラダリセット
  • トモダチゲーム 劇場版
  • ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2
  • 劇場版 Free!-Timeless Medley-
  • 劇場版 テバク ~運命の瞬間(とき)~
  • 劇場版 屍囚獄
  • 劇場版総集編 オーバーロード
  • 魔法使いの嫁 星待つひと
  • 劇場版 はいからさんが通る
  • 甲鉄城のカバネリ 総集編


hakaiya.hateblo.jp

オールタイム・ベスト(番外編)

ワッシュさんの映画オールタイムベストテン:2017 - 男の魂に火をつけろ!に参加します。俺の本当のオールタイム・ベストは映画秘宝を参照にしてください。

映画秘宝EX 究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10 (洋泉社MOOK 映画秘宝EX)

↓に載せているのは↑から漏れた作品です。

  1. 酔拳2
  2. 月はどっちに出ている
  3. ハード・ターゲット
  4. バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)
  5. 機動警察パトレイバー the Movie(1989)
  6. プレデター
  7. エル・マリアッチ
  8. シャブ極道
  9. マネー・トレーダー 銀行崩壊
  10. 沈黙の戦艦

シネ1グランプリ

マネ会に『シネ1グランプリ』という記事を書きました!色んなシネコンを『グラップラー刃牙』風に紹介するというアホな企画です。是非読んでみてください。

hikakujoho.com

皆さんからの反応を読むと、都内で他にオトクな映画館は

  • 会員なら2ヶ月間限定の1200円クーポンが手に入り続けるMOVIX
  • 会員なら平日1000円、休日1300円で見られる立川シネマシティ
  • 会員なら1300円、火金は1000円のテアトルシネマグループ

ですね。あと地方のシネコンはどこも安いですね。地方のシネコンは周辺にライバルシネコンが無くても集客施設としての役割のほうが重要なので、大胆な値引きサービスやっています。

で、俺が一番好きな映画館はもちろん横浜ムービル!

  • 横浜駅西口から徒歩1分という超絶アクセスの良さ!
  • 常に閑古鳥が泣いているので快適な座席!
  • そして会員ならいつでも1100円で見られるという謎キャンペーン(期間限定だったのに、期間延長中)。

やっぱりムービルが最高だわ。

旧版『IT』の各シーン、ネタバレ無し

旧版『IT』を観たことが無い人のために、旧版『IT』の画像を。

f:id:hakaiya:20171116012919p:plain
オープニングの船のシーン。ちなみに地下室のシーンがこれっぽっちも怖くない。新版だと超怖いんだけどね。

f:id:hakaiya:20171116012922p:plain
大変有名なシーン。排水口から女子高生のスカートの中をのぞく人ではない。

f:id:hakaiya:20171116012926p:plain
太っちょ少年が不良たちにイジメられるシーン。太っちょ少年は新版よりもイケメンですね。

f:id:hakaiya:20171116012931p:plain
新版のベバリーはエロいんだけど、旧版にはそういうの無い。

f:id:hakaiya:20171116012936p:plain
シャワールームのシーンはこの程度。新版だとドエライことに。

f:id:hakaiya:20171116012940p:plain
ルーザーズ・クラブの7人が石合戦するところ。メンバーの一人は何と若いころのセス・グリーン!

f:id:hakaiya:20171116012944p:plain
街の歴史を調べるうちに襲われるシーン。新版だと超傑作シーン!

f:id:hakaiya:20171116012952p:plain
旧版のペニーワイズ。このシーン好きなんだけど、新版だと無くてちょっと残念。


ごめん、ここだけネタバレ↓。

このシーンは新版のラストシーンだけど、旧版だと序盤で出てくる。

じゃあまた27年後に!

f:id:hakaiya:20171116012948p:plain

ワースト映画ベストテン

ちょっと前に映画ライターのヒナタカさんが、ワースト映画をツイートしていて何人かが真似していました。そのときにみんなが挙げていたワースト映画を集計してみました。ちょびっとだけ解説。

ギャラクシー街道 DVD スタンダード・エディション
ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]


順位 タイトル 得票
1位ギャラクシー街道10
2位デビルマン7
2位ダイ・ハード ラスト・デイ7
2位踊る大捜査線 THE MOVIE37
5位スーサイド・スクワッド5
5位貞子3D5
7位ドラゴンボール・ エボリューション4
7位デスノート Light up the NEW world4
7位CASSHERN4
7位テラフォーマーズ4
7位少林少女4


何度も書いてきてますが、ワースト系投票の上位に来るのはそれだけパワーのある映画だということ。
このワーストランキングでフジテレビ映画が3本も入っているのは、フジテレビ映画が嫌われつつも多くの観客を集めてきた証拠です。そういえば今年の『本能寺ホテル』も酷かった…。

ワースト1位は『ギャラクシー街道』、三谷幸喜監督が友人俳優たちとコメディを撮ったら観客が完全に置いてきぼりの事故物件が誕生。三谷幸喜という超大物だからこそ発生した事故ですね。

今回の結果で一番笑ったのは『ダイ・ハード ラスト・デイ 』が2位だということ!あらゆる邦画を押しのけて2位になるとは…。でも『ダイ・ハード ラスト・デイ 』はダイハード1~4全部好きな俺ですら頭抱えた本当に酷い映画。敵の目的が「ウランを盗んで売る」で、そのための手段が「放射能を除去できるガスで除染」って、そのガスを売れば悪いことしなくても大金持ちになれるのに…(これは世界中からツッコミ受けていた)。

『踊る大捜査線 THE MOVIE3』は踊るシリーズを信じてきた踊るファンを突き落とすような駄作でした。

5位の『貞子3D』と『スーサイド・スクワッド』は両方とも宣伝は超楽しかったのが良い思い出です。

前編と後編で投票が分散しましたが、『進撃の巨人』も票を集めていました。

最後に:ワッシュさんのところでオールタイムベストやってます。
d.hatena.ne.jp

ハロウィンだけじゃない!日本のイベントは外国の輸入文化だらけ

よくあるハロウィン嫌いの勘違い意見をまとめました。

日本人がハロウィンなんて変だよ

日本のイベントって本来の意味が失われている輸入モノばっかりじゃん!クリスマスやバレンタインみたいなカタカナイベントだけじゃないよ。例を挙げてみる。起源はどれも中国だ。

イベント名 元々の意味
七夕 女性の針仕事が上達するようにお祈りする。
節分 季節の分かれ目のイベントなので本来は年に4回
端午の節句
(子どもの日)
屈原(くつげん)という自殺した政治家を弔う
ひな祭り 酒と歌のフェスイベントである曲水の宴が平安時代に日本に伝わった際に、流し雛の概念が加わった。そこから変遷して今の形になった。
お月見 宋代の中国では身分に関わらず夜通し騒ぐイベント(ただし日本に伝わったのは宋代の前)。
お中元 道教の3つの祭日:上元・中元・下元の一つ。贖罪の日
大晦日 本来は年神様を祀る日本起源のイベントだったが、輸入文化の仏教と混ざって今の形になった。
七五三 これは日本起源だが、呉服屋の商売戦略で今の形になった。

だいたいイベントの輸入が許されないのなら、アメリカみたいに新しい国はイベントが出来ないことになる。

日本人ならハロウィンよりもお月見を楽しもう!

お月見は夜通し騒ぐイベントという時代もあったのだ。渋谷ハロウィンこそが本来のお月見に近い。

ハロウィンは31日にやれ!

記念日前の土日にイベントやるのは普通のことだぞ。七夕とか節分とか。体育の日なんて本来は「東京オリンピックの開催日である10月10日」だったはずなのに法律で無理矢理変えた。ひな祭りなんか本来は祝日で国民的イベントだったけど、明治政府がひな祭り祝日を廃止にした。そのため今はひな祭りの日は適当になりつつある。


ハロウィンは陰謀だ!

ハロウィンを推進する政治家や経済団体はいない。あなたたちが好きな陰謀論みたいな政治家や経済団体や広告代理店が実際に存在するイベントはYOSAKOI祭りだぞ。ハロウィンにすっかり注目を奪われて廃れてしまったが。そんなYOSAKOI祭りも本来は高知のお祭りだ。

本来のハロウィンはさぁ!

そういう人に「本来のハロウィンって何?」って聞いてきたけど
「キリスト教のお祭り」
「子どものお祭り」
「家族と一緒に過ごす時間」
とかトンチンカンな答えが返ってくる。クリスマスとごっちゃにしている人が多いし、そもそもクリスマスもお祭りじゃない。それに日本のクリスマスは本来キャバレーのイベントだった。

上記の表に挙げたとおり起源というのは諸説あるもんだし複数の起源が融合するものだ。特に七夕やハロウィンは多様性のあるイベントなので「本来の七夕」「本来のハロウィン」って言われても
「本来ってどの本来のこと?」
という点をハッキリさせてくれないと何とも言えない。

ハロウィンはリア充のイベントだ

俺はリア充じゃないけど長年ハロウィンやっているし、俺みたいな参加者多いぞ。むしろクリスマスやバレンタインと違って非リア充が参加しやすいイベントだ。
そのテクニックについては俺が「それどこ」に書いた。
srdk.rakuten.jp

最後に

「ハロウィンがムカつく」
「あのバカ騒ぎが嫌だ」
「コスプレするな」
「っつーか迷惑!」
という意見はとてもよくわかる。なんかムカつくイベントに適当すぎる文句言うのは俺もよくやる。でもハロウィンに関してはその適当っぷりが勘違いのレベルにまで達しているので今回のエントリ書きました。

今回のエントリは以前書いた
hakaiya.hateblo.jp
の手直しです。

低予算映画の世界

マネ会というところで記事を書かせてもらいました。

https://hikakujoho.com/manekai/entry/20171019hikakujoho.com


低予算映画についてです。最近の超高額予算映画はシリーズ化を前提にしているので、映画を見終わったあとの「これでこの映画の世界は終わりなんだ…」的な寂寥感が無いですよね!みたいなこと書きましたが、よく考えればパラノーマル・アクティビティもエル・マリアッチもシリーズ映画でした。

どうでもいいけど、パラノーマル・アクティビティの妙な人気っぷりは何でしょう?

f:id:hakaiya:20170926201711j:plain
f:id:hakaiya:20170926201656j:plain

観る順番がわからなくて困るレベルです。