読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破壊屋ブログ

ネタ系映画ブログです。管理人はこの人→http://hakaiya.com/giccho

2014年の映画ベストテンの解説



映画のストーリーは宇宙戦艦ヤマトの歌詞の2番と同じ。



2014年の映画ベスト100 (Twitterのまとめを集計しました) - 破壊屋ブログ
今回は↑の映画ベストをちょっとだけ解説します。

第一位:ゴーン・ガール

ある日、夫が家に変えると妻が消えていた。という設定だけだと上質なミステリーに思えるけど、原作小説も映画も「ジェットコースターに乗っているような感覚」という評価が多発したほどカゲキでシゲキ的。日本の映画館の反応でも「後半は観客みんな笑っていた」というカキコミが多かった。
GONE GIRLというタイトルの意味は「妻が失踪した」だけではなくて「少女ではなくなった」という解釈もできる。

第二位:インターステラー

異常気象により人類は滅亡の危機に瀕していた。人類が生き残る方法はただ一つ、惑星間移動(インターステラー)するしかない。SF的見地からの議論も巻き起こした。

第三位:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ダメ地球人の主人公が宇宙のクズどもを集めてガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(銀河の守護者たち)を結成。巨悪と戦う。複雑化していくアメコミ映画たちと差別化を図るために、本作はシンプルで熱い物語に仕上げた。映画秘宝ベストワン。

第四位:ウルフ・オブ・ウォールストリート

レオナルド・ディカプリオがウォール街の金融マンとなってセックスとドラッグに溺れる3時間。タイタニックのパロディシーンでは客船で女を抱きながら「酒とドラッグ持ってこい!」と叫ぶ。

第五位:ジャージー・ボーイズ

これの映画化↓。ニュージャージー州の若者たちがフォー・シーズンズを結成して成功する。キネマ旬報ベストワン。

第六位:キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

キャプテン・アメリカの第二弾。「夏の兵士」は「脱走する兵士」という意味で、「冬の兵士(ウィンター・ソルジャー)」は「戦場の実態を告発する兵士」という意味になる。70年代の政治サスペンス映画と現代アメコミの融合に成功した。

第七位:グランド・ブダペスト・ホテル

架空の国の豪華ホテル:グランド・ブダペスト・ホテルを舞台にした不思議な物語。話の筋自体面白いが、細部まで徹底してこだわり抜いた画面構成は圧巻。

第八位:ベイマックス

サンフランシスコ在住の日本人少年の元に、亡くなった兄が残した介護ロボット:ベイマックスが現れる。そして理系の大学生たちと一緒にBIG HERO 6というヒーローチームを結成して活躍する。

第九位:her 世界でひとつの彼女

「her」とは「俺の嫁」という意味。つまりハリウッドが声豚を映画化した。

第十位:LEGO(R) ムービー

オモチャのレゴブロックの映画化。子供向け映画と思いきや、クライマックスの衝撃の展開は子供よりも大人のほうが突き刺さる。

次点:6才のボクが、大人になるまで。

主人公の6才の少年が18歳になるまでの物語。4人の俳優が演じる家族を実際に12年間かけて撮影した。


解説1:アメリカ映画の圧勝

ベストテン中アメリカ映画は九本だった。唯一の例外は英独合作の『グランド・ブダペスト・ホテル』だけど、非英語の作品は一本も無い。ちなみにヨーロッパ映画を高く評価するキネマ旬報ベストテンですら十本中七本がアメリカ映画。
2014年はアメリカ映画の質が圧倒的に高かった。外国映画の集客力低下に歯止めがかからない状況だけど、映画ファンにはそんなのは関係ないみたい。

解説2:アメコミ映画

もう一つ特徴的なのはアメコミ原作映画が三本もあることだ。

  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
  • 『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』
  • 『ベイマックス』

とはいえキャプテン・アメリカはともかく他の二本はアメコミ原作だということがあまり知られていない。アメコミ映画ブームはまだまだ続くけど質が高い作品が多いので安心感がある。でも
日本だって『るろうに剣心』や『寄生獣』みたいに高評価を受けるマンガ映画が出てきてくれた。

解説3:非英語で高順位の作品

非英語で高順位の作品は、韓国の暴力映画の『新しき世界(12位)』、日本映画は『百円の恋(19位)』『そこのみにて光輝く(20位)』、フランス映画は『アデル、ブルーは熱い色(22位)』。
珍しいところではインドネシア語のドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング(26位)』が高順位だった。

解説4:マイナー映画で高順位の作品

ここ数年「メジャー映画とマイナー映画」という考え方は消えてきたけど、公開規模の小ささから考えると『百円の恋(19位)』『劇場版 テレクラキャノンボール2013(31位)』『フランシス・ハ(33位)』の順位は大健闘だ。