破壊屋ブログ

ネタ系映画ブログです。管理人はこの人→http://hakaiya.com/giccho

Twitterユーザーが選ぶスピッツの名曲ベスト100

ハッシュタグ「#スピッツで好きな曲ベスト10」を集計しました。有効投票数107名が選んだスピッツ最高の名曲は…
楓/スピカ

順位 タイトル 得点
1 位 214.0
2 位 愛のことば 207.5
3 位 194.0
4 位 猫になりたい 172.5
5 位 夜を駆ける 170.5
6 位 ロビンソン 163.5
7 位 冷たい頬 147.0
8 位 スピカ 144.0
9 位 8823 136.0
10 位 正夢 131.0
11 位 スパイダー 129.0
12 位 スターゲイザー 115.0
13 位 春の歌 108.0
14 位 運命の人 106.5
15 位 夢追い虫 95.5
16 位 フェイクファー 92.5
17 位 遥か 85.5
18 位 78.5
19 位 ホタル 76.5
20 位 バニーガール 74.0
21 位 青い車 72.0
22 位 空も飛べるはず 71.5
23 位 みなと 65.5
24 位 さわって・変わって 64.0
25 位 スカーレット 63.5
26 位 インディゴ地平線 63.0
27 位 君が思い出になる前に 62.5
28 位 プール 59.5
29 位 夏の魔物 59.0
30 位 けもの道 58.5
31 位 仲良し 56.0
32 位 恋は夕暮れ 54.0
33 位 俺のすべて 51.5
34 位 日なたの窓に憧れて 50.0
35 位 ハネモノ 48.0
35 位 さらさら 48.0
37 位 流れ星 47.0
37 位 夢じゃない 47.0
39 位 三日月ロック その3 44.5
40 位 44.0
41 位 初恋クレイジー 41.5
42 位 ハイファイ・ローファイ 41.0
42 位 サンシャイン 41.0
42 位 ハチミツ 41.0
45 位 チェリー 39.5
46 位 歩き出せ、クローバー 38.5
47 位 メモリーズ 38.0
47 位 38.0
49 位 涙がキラリ☆ 37.0
49 位 魔女旅に出る 37.0
49 位 ハヤテ 37.0
52 位 魔法のコトバ 36.5
53 位 醒めない 36.0
54 位 グラスホッパー 35.0
55 位 メモリーズ・カスタム 34.5
56 位 恋する凡人 34.0
56 位 稲穂 34.0
56 位 水色の街 34.0
59 位 ありふれた人生 31.5
59 位 船乗り 31.5
61 位 アパート 30.5
62 位 名前をつけてやる 30.0
63 位 HOLIDAY 29.0
64 位 不死身のビーナス 28.0
65 位 エスカルゴ 26.5
65 位 えにし 26.5
67 位 田舎の生活 26.0
68 位 夏が終わる 25.0
68 位 若葉 25.0
70 位 ガーベラ 24.5
70 位 幻のドラゴン 24.5
72 位 ヒバリのこころ 24.0
72 位 ババロア 24.0
72 位 砂漠の花 24.0
75 位 不思議 23.0
76 位 あわ 22.5
77 位 Y 21.5
78 位 甘ったれクリーチャー 21.0
78 位 あじさい通り 21.0
80 位 うめぼし 20.0
80 位 ジュテーム 20.0
80 位 優しいあの子 20.0
80 位 恋のはじまり 20.0
80 位 小さな生き物 20.0
85 位 僕のギター 19.5
85 位 歌ウサギ 19.5
85 位 子グマ!子グマ! 19.5
88 位 甘い手 19.0
88 位 ラズベリー 19.0
88 位 恋のうた 19.0
91 位 僕の天使マリ 18.0
91 位 ルナルナ 18.0
93 位 点と点 17.5
94 位 海とピンク 17.0
95 位 聞かせてよ 16.5
96 位 群青 16.0
96 位 みそか 16.0
98 位 センチメンタル 15.5
99 位 大宮サンセット 15.0
99 位 1987→ 15.0
99 位 コスモス 15.0

集計ルールについては集計企画について(随時更新) - 破壊屋ブログを参照してください。

解説

スピッツ詳しく無い私から見ると「え!チェリーが45位ってどういうこと!?」って感じです。でも世間一般が知っている最高傑作と真のファンたちが選ぶ最高傑作が全く違うのというのはあるあるですよね。

集計について

超楽でした。フツーは音楽系の集計が一番難しいのに…。スピッツファンは真面目な方が多いのでしょうか、表記揺れもほぼありませんでした。誤字が一番多い曲は『8823』でした。


せっかくなのでシカゴのバンド:アリスター版の『チェリー』を貼っておきます。

集計企画について(随時更新)

集計ルールを毎回解説するのも面倒なので、まとめました。

表記について

私の集計プログラムは表記揺れに強いので、略称とかバンバン使って構いません。ただし改行は使ってください。改行が無いと集計厳しいです。

↓これとかコピペして使ってください。










集計の基本

皆様の投票に順位がついている場合は、ポイント制で集計します。

ベスト10の場合

順位 得点
1位 10点
2位 9点
3位 8点
4位 7点
5位 6点
6位 5点
7位 4点
8位 3点
9位 2点
10位 1点
順不同の場合 5.5点

ベスト3の場合

順位 得点
1位 3点
2位 2点
3位 1点
順不同の場合 2点


組織票対策

何度かブログに書いてきましたが集計企画の悩みの種は組織票です。投票している人に悪気が無いのは分かっていますが、以下の投票は無効になります。

  • 同じタイトルを2回以上書いた投票
  • 完全同一の投稿を複アカから投票している人(割と多い、そして複アカは割とバレる)

得点調整

〇〇シリーズに投票する人と、単品に投票する人が分かれる場合があります。この場合、基本的に死に票が少なくなるように得点を分割して加算します

投票人数について

今まで投票人数も発表してきましたが、これからは止めます。投票人数を書くと必ず
「一番優れた作品とは、得点を投票人数で割った平均点が高い作品だ」
という勘違いコメントを書く人がいるので…。ちなみに平均点方式だと根強いファンがいる作品が有利になります、あぶない刑事とか。こういう場合は平均点じゃなくて「1位に投票された作品だけに絞る」のほうがより正確に抽出できます。

ポイント偏差について

特殊な仕組みとして投票本数が多い人ほど加算されるポイントが多いです。ベスト10企画の場合1位に投票すると10点ですが、3本しか投票していない人の1位には3点しか加算しません。
これは

  • 誰もが投票に参加してほしい
  • 誰もが参加しちゃうと知名度が高いだけのランキングになる

という矛盾を解消するための偏差です。

例えば「今年のアニメ邦画ベスト10」の場合は、そもそも当年のアニメ邦画を10本も観ている人は少ない。かといって3本しか投票しない人の集計を加算するとヒット作が有利になるという現象が起きます。ヒット作には組織票的な要素が自然発生するのです。

ちなみに偏差をつけた場合は投票人数も一緒に発表します。偏差を付けなかった場合のランキングは投票人数にほぼ一致します。

アイドル映画ベスト20

ハッシュタグ「#アイドル映画ベスト10」を集計しました。有効投票数57名が選んだ最高のアイドル映画は…

セーラー服と機関銃 角川映画 THE BEST [Blu-ray]
時をかける少女


順位 タイトル 投票人数
1 位 セーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子) 14
2 位 時をかける少女(原田知世) 13
3 位 響-HIBIKI- 10
4 位 HOUSE ハウス 9
4 位 もらとりあむタマ子 9
6 位 台風クラブ 8
6 位 ちはやふる 8
8 位 幕が上がる 7
9 位 ラブレター 6
9 位 ホットギミック 6
9 位 東京上空いらっしゃいませ 6
12 位 ぼくらの七日間戦争 5
12 位 5つ数えれば君の夢 5
12 位 Wの悲劇 5
12 位 1999年の夏休み 5
12 位 海街diary 5
12 位 ヒメアノ~ル 5
12 位 青空娘 5
12 位 四月物語 5
20 位 ふたり 4
20 位 あの頃、君を追いかけた 4
20 位 パンとバスと2度目のハツコイ 4
20 位 愛のむきだし 4
20 位 さんかく 4
20 位 センセイ君主 4
20 位 ラ・ブーム 4
20 位 さびしんぼう 4
20 位 パンツの穴 4

響 -HIBIKI-

総評

上位2位はアイドル映画として日本映画としても誰もが納得できる作品です。そこに新参の『響-HIBIKI-』が食い込むという理想的なベスト3です。そして大林宣彦VS相米慎二という2大アイドル映画監督の巨匠が鎬を削るランクでもあります。

宇宙で父と会う映画ベスト5(ただし物理的に)

映画『アド・アストラ』。16年前に宇宙探査に行って死亡したはずの父親が海王星で生きていることが判明。主人公は父親に会うために宇宙へ旅立つ…。
その設定、何度目だよ!って感じですが、これからも同じ設定の映画が作り続けられます。なぜかというと

  • 主人公=キリスト
  • 父=ファーザー(神)

だからです。
「主人公が宇宙を旅して父に会う」
というのは
「キリストが苦難の道の末に父であり創造主である神と会う」
の比喩になっているのでキリスト教圏の人にとってはシックリとくる物語なんですね。またこの手の映画の主人公は父がいないことに喪失感を感じており、これが「神の不在」を匂わせるようになっています。

ちなみに
「父さんは偉大だった」
的なオチは少なくて
「父さんに振り回された」
的な話のほうが多いです。なぜなら神は人を困らせるものだから。

宇宙で父と会う映画ベスト5

というわけで今回は宇宙旅行の果てに父親と会う映画ベスト5を決めたいと思います。順位は作品の面白さではなくて距離で決めます。

1位:327兆キロメートル

『プロメテウス』
プロメテウス(3枚組)[4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray]

ダーウィンの進化論は嘘だった。実はエンジニアと呼ばれる宇宙人(↑の画像の人)が創造主となって人類のDNAを地球にバラまいたのだ。主人公(CV剛力彩芽)は創造主に会って話を聞くために宇宙航行に出る。まあDNAの元ネタなので父親じゃないです。

f:id:hakaiya:20191001010652p:plain
主人公が父親と宗教談義するシーン。他にも神に言及するシーンが多数。

2位:47億キロメートル

『アド・アストラ』
f:id:hakaiya:20190929104115j:plain
父に会うために海王星に行く。現在公開中の映画なので詳細は書きません。

3位:7.5億キロメートル

『インターステラー』
インターステラー(字幕版)
娘じゃなくて父親が主人公なのですが実は…。7.5億キロというのは土星への距離で、父親はもっと長い距離を旅しています。あのクライマックスに拒否反応を示す日本人が多かったですが

  • 父が子に真理を託す
  • 世間は父からの連絡があったことを信じていない

というのは実にキリスト的な話だったりします。ただ父=神じゃなくて父=伝道師です。

f:id:hakaiya:20191001013646p:plain
主人公たちの宇宙旅行はラザロ計画と呼ばれます。ラザロは「キリストの呼びかけで復活する人」という意味です。

4位:9千キロメートル

『コンタクト』ネタバレあり
コンタクト [Blu-ray]
宇宙人から主人公(ジョディ・フォスター)にコンタクトがあった。人類は転送装置を作って宇宙人と会うプロジェクトを立てる。ヴェガまで転送された主人公が出会えたのは何と父親だった…。

f:id:hakaiya:20191001020054p:plain
↑アメリカの下請け日本。

9千キロというのは、主人公が住むニューメキシコから北海道への距離です。転送装置は北海道に置かれるのです。こういったハリウッド映画でアメリカをサポートしてくれる優秀な外国はかつて日本でしたが、日本は元気のない国に落ちぶれたので今では中国とインドに置き換わっています。

主人公の旅が北海道止まりなのか?それとも惑星ヴェガまで行ったのか?は劇中でもハッキリとは描かれません(ヴェガだとしたら237兆キロメートル旅している)。ヴェガまでの転送という突拍子もないことは曖昧に描いているので、全体的にはリアルさが増す手法です。
主人公が無神論者なので「人類の95%が神を信じているのに、地球の代表者に無神論者が選ばれるのは問題では?」という議論が起きたり、映画のクライマックスは「結局、このプロジェクトって税金の使い方として正しかったの?」だったりするのも非常にリアルです。

f:id:hakaiya:20191001020151p:plain
『インターステラー』の主人公であるマシュー・マコノヒーが神の外交官役で出演しています。

5位:100キロメートル

『アフター・アース』
アフター・アース [DVD]
ウィル・スミス親子が「人間を殺すように進化した星」に不時着する。父・スミスは大怪我で動けない。息子・スミスは父・スミスから無線で指示を受けながら100キロ先の救難発信機を目指す。かつて地球と呼ばれた「人間を殺すように進化した星」の危険をくぐり抜けながら…。
父に会いに行く映画ではありませんが、父からの啓示を受けながらの旅したり仮死状態から復活したり、ちょくちょくキリストへの連想ネタを挟んできます。ただキリストよりもギリシャ神話のほうが影響強いかな。



ちなみに『アフター・アース』以外の4作品、全部母親が死んでます

オマケ:ポリコレ的に間違っている宇宙人4コマ

『コンタクト』で超面白いシーン。宇宙人から人類に映像が送られてくるのだが…
f:id:hakaiya:20191001020532p:plain
何とヒトラーのベルリンオリンピックの映像だった!

f:id:hakaiya:20191001020614p:plain
大パニックになるアメリカ

f:id:hakaiya:20191001020634p:plain
主人公たち科学者は「いや、アレが史上初のテレビ放送だから」と反論するけど…

f:id:hakaiya:20191001020708p:plain
スキンヘッド白人のネオナチたちは大喜び。


ちなみに『アド・アストラ』と似たような設定の映画で1997年の『イベント・ホライゾン』がある。悲劇の失敗作としても有名(前倒し公開で失敗した、詳細はWikiにある)。
イベント・ホライゾン (字幕版)


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』も宇宙で神である父に会う話でしたね。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス (字幕版)

2010年代の映画でタイトルが被っている一覧

私は集計が趣味で色々と集計しているわけですが、集計で一番困るのは同名で別作品が存在することなんですね。例えば2010年代に「アウトロー」という映画は4本作られているんです。だいたい2、3年に一回『アウトロー』が生まれる計算です。

アウトロー (字幕版)
アウトロー(字幕版)
ザ・アウトロー(字幕版)
アウトロー-哀しき復讐- [DVD]


たいていはフランス映画や韓国映画に同名タイトルがある!って感じなのですが、同じ国でも被ります。日本映画だと「乱反射」が被ってます。
乱反射 [レンタル落ち]
f:id:hakaiya:20190917235932j:plain


好きな映画は『美女と野獣』です!って言われても『美女と野獣』は何度も実写化されています。2010年代でもディズニー版と本国版があります。
美女と野獣 (字幕版)
美女と野獣(字幕版)



最悪のパターンは同国で同名映画が同年度に公開されることです。2017年の『光』がそうでした。
光
光


スティーブ・ジョブズやイヴ・サンローランといった偉人たちも何度も映画化されます。
スティーブ・ジョブズ(字幕版)
スティーブ・ジョブズ (字幕版)



というわけで2010年代の同名タイトルを以下にリストアップしておきます。これから各所で「2010年代のベストテン」企画が出てくると思いますが、皆さん同名タイトルには気をつけてください。

2010年代の同名タイトル

  • アウトロー
  • アクシデント
  • アシュラ
  • あの頃、君を追いかけた
  • イヴ・サンローラン
  • イエスタデイ
  • エターナル
  • クロッシング
  • ゴールデンスランバー
  • サファリ
  • スティーブ・ジョブズ
  • スリープレス・ナイト
  • トーナメント
  • ネスト
  • ヘラクレス
  • ボーダーライン
  • ザ・ボディガード
  • マーターズ
  • ユートピア
  • リメンバー・ミー
  • ロード
  • ロックアウト
  • 見えない目撃者
  • 死刑台のエレベーター
  • 純情
  • 男と女
  • 追憶
  • 二重生活
  • 美女と野獣
  • 乱反射
  • チェイサー
  • 約束の地
  • 復活
  • 日本列島
  • 沈黙
  • 西遊記

『ザ・ボディガード』には松方弘樹版なんてのも2010年に公開された。
ザ・ボディガード [DVD]
ザ・ボディガード [DVD]

日本と韓国が悪い意味で仲良かったKT事件

私は日韓関係にトラブルが起きるたびに映画『KT』を見返しているほど政治サスペンス邦画『KT』が超好きな映画です。日韓関係が過去最悪になったので、折角なので未見の方に『KT』の内容を紹介します。

f:id:hakaiya:20190917213232p:plain
f:id:hakaiya:20190917214152p:plain
あの頃、日本と韓国は別の意味で仲良かった。

『KT』の内容を紹介します

映画の後半には触れませんが、日本で金大中(キム・デジュン)が誘拐されるという実際の事件の映画化なのでネタバレもクソもないです。金大中事件は自衛隊が協力したのでは?という説があって、その説を元に『拉致-知られざる金大中事件』という本が書かれました。『KT』はその本の映画化です。
f:id:hakaiya:20190917213739p:plain
映画はフィクションだと言い張ってますが、実名や実名をちょっと変えただけの名前がバンバンでます。

主人公1:自衛官

佐藤浩市演じる自衛官の富田(坪山晃三がモデル)は、左翼マスコミに鉄拳制裁を食らわす生粋の隊員。
f:id:hakaiya:20190917213613p:plain

彼は自衛隊陸幕の別班(自衛隊で諜報活動する人、正式には認められていない)の人間で、任務は日本国内でスパイ活動する在日朝鮮人を張り込むことだった。張り込みの最中に彼はある韓国人女性に恋をしたりする。
そんなある日、彼に自衛隊の上官から
「興信所(ミリオン資料サービスがモデル)を作って韓国のKCIAに協力しろ」
という指令が下る。なぜそんな指令が下るかというと(ネタバレ)


主人公2:金東雲

駐日本国大韓民国大使館一等書記官の金東雲(実在の人物)は、金大中殺害こそが韓国のためになると信じている愛国者だ。
f:id:hakaiya:20190917214359p:plain
だが日本にいる金大中は在日韓国青年同盟(実在の組織)などに守られ居場所すらわからない。金東雲は富田が経営する興信所に金大中の捜索を依頼する。富田と金東雲は
「パチンコ屋が金大中に感銘を受けて資金提供を申し出ている」
という嘘まで作るが金大中の捜索は上手くいかない。北朝鮮との南北統一を悲願とする金大中の政治思想は、北朝鮮が嫌いな富田と金東雲にとっては憎むべき思想。共闘する彼らの間には不思議な絆が生まれていく。

主人公3:在日韓国人

在日韓国人の青年キムは日本で生まれ育ち日本語しか喋れない。恋人も日本人だ。
f:id:hakaiya:20190917214742p:plain
家の外に出れば
「チョンのくせに!」
と韓国人差別に晒され、家に帰れば
「日本人との結婚だけは許さないからね!」
と日本人差別に晒される。
だけど漫画『テコンダー朴』のように差別主義者の日本人たちを一蹴するほどの腕っぷしのキムくん。彼は在日韓国青年同盟から金大中のボディーガードとして抜擢される。日本と韓国の狭間で苦しむ青年は、民族統一のために戦う金大中に傾倒していく。青年は金大中の言葉が分からないので、韓国語を勉強するようになる。



という風に映画『KT』は一部フィクションを混ぜながら、KT事件を描いていきます。
他に劇中の激ヤバシーンもご紹介します。

激ヤバシーン:在日ヤクザ

これは、KCIAが在日ヤクザに金大中暗殺を依頼するという激ヤバシーン。でも実話。
f:id:hakaiya:20190917220226p:plain
右翼側の人たちがこのシーンを描いたら間違いなく差別扱いされる。作り手たちが左翼側だからこそ描けるシーンだ。私はこういうのを左翼の良きアドバンテージだと思っています。ちなみに白竜演じるヤクザのモデルは山口組系列の組長である柳川次郎(梁元錫)。

激ヤバシーン:靖国神社の前で憲法議論

靖国神社の前で自衛官の富田と左翼マスコミ(原田芳雄)が憲法改正について語り合うシーン。
f:id:hakaiya:20190917220307p:plain
主人公は愛国者だからこそ腑抜けな日本が大嫌いになる。左翼マスコミは戦争で酷い目に遭った特攻崩れだからこそ今の状況を「万々歳だ!」と言い放つ。現代だったら日本大好きの右翼VS日本大嫌いな左翼なので、現代の感覚と逆になっているのが面白い。
分かりやすくするために「左翼マスコミ」って書いたけど、劇中の記者は共産党にも失望しているので右でも左でも無かったりする。

激ヤバシーン:大使館員の指紋

事件当時に大問題となった金大中誘拐現場に韓国の大使館員の指紋が残っていた件ですが、劇中ではわざと残したことになっています。
f:id:hakaiya:20190917220528p:plain

激ヤバシーン:自民党が怒られる

自民党がアメリカから
「おまえら金大中が誘拐されたのに、何スルーしとんじゃ!早く止めろ!自民党が潰れるぞ!」
って怒られるシーン。
f:id:hakaiya:20190917221323p:plain
「与党」でもなく「民自党」でもなくハッキリと「自民党」って言ってる。日本はほとんど長期政権の社会なんだから、フィクションの世界でもバンバン「自民党」って言葉を使っても良いと思うけどな。



この映画の政治思想について

脚本を書いたのは戦う極左の脚本家:荒井晴彦です。戦争を題材にした映画が作られるたびに「日本の戦争加害を描いていない!」と怒り出す人で『この世界の片隅に』にも怒ったので有名。そんな左寄りの作り手が右寄りな男たちを主人公にしているので政治的にバランスが取れた作品になっています。

この映画で意味不明な点

この映画を観た人の多くが疑問に思う点があります。それは佐藤浩市演じる自衛官が、日本に逃げてきた韓国人女性と恋に落ち、さらに韓国の工作員に絆を感じる理由がイマイチ分からない点。実はこの映画のトラブルが関係している。元々の脚本では自衛官の母親はソ連の共産党員に強姦されて殺されており、それが主人公の共産党嫌いにつながっている。だからこそ暴行を受けて日本に逃げてきた韓国人女性を守ろうとして恋に落ち、共産主義と戦う韓国の工作員に絆を感じる。だけど監督の阪本順治が脚本を書き替えて母親のエピソードを削った。私としては凄惨さを無くそうとした阪本順治の気持ちがよく分かるけど、荒井晴彦は激怒。荒井晴彦は雑誌上で『KT』の悪口を書きまくり大きなトラブルとなった(後に和解して二人は大傑作『大鹿村騒動記』を作っている)。

最後に

最悪の日韓関係ですが、私のSNS上では「とにかく日本が悪い!」と言い張る左側と「とにかく韓国が悪い!」と言い張る右側による、罵倒合戦と引用合戦が繰り広げられています。ここは一つ日本も韓国も悪い映画でも観てみんな落ち着きましょう。
KT 特別版 [DVD]


参考エントリ

dot.asahi.com

『KT』について以前書いた記事↓
hakaiya.hateblo.jp

韓国映画オールタイムベスト100

ハッシュタグ「#韓国映画ベスト10」を集計しました。有効投票数772名が選んだ最高の韓国映画は…

1位:殺人の追憶

f:id:hakaiya:20190910225214j:plain

2位:新しき世界

f:id:hakaiya:20190910225319j:plain

3位:新感染 ファイナル・エクスプレス

f:id:hakaiya:20160719172655j:plain

ベスト100

順位 タイトル 投票人数
1 位 殺人の追憶 301
2 位 新しき世界 268
3 位 新感染 ファイナル・エクスプレス 265
4 位 アジョシ 244
5 位 お嬢さん 237
6 位 オールド・ボーイ 232
7 位 チェイサー 212
8 位 哭声/コクソン 205
9 位 息もできない 199
10 位 タクシー運転手 約束は海を越えて 188
11 位 母なる証明 177
12 位 アシュラ 160
13 位 サニー 永遠の仲間たち 142
14 位 グエムル-漢江の怪物- 134
15 位 悪魔を見た 129
16 位 JSA 121
17 位 哀しき獣 117
18 位 1987、ある闘いの真実 115
19 位 オアシス 102
20 位 工作 黒金星と呼ばれた男 97
21 位 シークレット・サンシャイン 92
22 位 親切なクムジャさん 88
23 位 ベテラン 82
23 位 高地戦 82
25 位 ペパーミント・キャンディー 81
26 位 名もなき野良犬の輪舞 79
27 位 インサイダーズ/内部者たち 76
28 位 トガニ 幼き瞳の告発 67
29 位 バーニング 劇場版 65
30 位 シュリ 58
30 位 復讐者に憐れみを 58
32 位 猟奇的な彼女 57
33 位 グッド・バッド・ウィアード 51
34 位 The Witch/魔女 50
35 位 犯罪都市 49
36 位 ほえる犬は噛まない 48
37 位 神と共に 第一章:罪と罰 45
38 位 嘆きのピエタ 44
39 位 悪女 41
40 位 甘い人生 40
41 位 群盗 38
41 位 国際市場で逢いましょう 38
43 位 八月のクリスマス 37
44 位 シルミド 35
44 位 テロ、ライブ 35
46 位 ビューティ・インサイド 34
46 位 義兄弟 SECRET REUNION 34
46 位 トンマッコルへようこそ 34
49 位 ハロー!? ゴースト 33
50 位 神と共に 第二章:因と縁 32
50 位 私の少女 32
52 位 建築学概論 30
52 位 渇き 30
54 位 怪しい彼女 29
55 位 コインロッカーの女 28
55 位 サマリア 28
57 位 MASTER 27
57 位 風の丘を越えて/西便制 27
57 位 コンフィデンシャル/共助 27
57 位 子猫をお願い 27
61 位 悪いやつら 26
61 位 泣く男 26
61 位 悪い男 26
61 位 殺人者の記憶法 26
65 位 ベルリンファイル 25
65 位 殺人の告白 25
67 位 ハナ 奇跡の46日間 24
67 位 イルマーレ 24
67 位 弁護人 24
70 位 うつせみ 23
71 位 ブラザーフッド 22
71 位 7番房の奇跡 22
71 位 バンジージャンプする 22
71 位 箪笥 22
75 位 海にかかる霧 21
75 位 ポエトリー アグネスの詩 21
75 位 わたしたち 21
75 位 ハイヒールの男 21
75 位 監視者たち 21
80 位 私の頭の中の消しゴム 20
80 位 ファイ 悪魔に育てられた少年 20
80 位 ビー・デビル 20
80 位 クライング・フィスト 20
80 位 最後まで行く 20
85 位 サバハ 19
85 位 レッド・ファミリー 19
85 位 神の一手 19
85 位 大統領の理髪師 19
85 位 スノーピアサー 19
90 位 冬の小鳥 18
90 位 下女(2010年版) 18
90 位 金子文子と朴烈 18
90 位 暗殺 18
94 位 プリースト 17
94 位 V.I.P. 修羅の獣たち 17
94 位 王になった男 17
97 位 ザ・キング 16
97 位 王の男 16
97 位 ラブストーリー 16
100 位 彼とわたしの漂流日記 15
『神と共に』シリーズへの投票は第1章と第2章に分割して加算しました。

初登場の韓国映画

というわけで四年前の結果からそんなに変わってねーよ!というのが正直なところですが、それでもやはり初登場の作品たちも目立ちます。『新感染』以外だと↓が新たにベスト10にランクインしました。
お嬢さん(字幕版)
哭声/コクソン(字幕版)
タクシー運転手 ?約束は海を越えて?(字幕版)


その他注目作

  • 20位の『工作 黒金星と呼ばれた男』は現在も公開中です。韓国政府の裏工作を描いた作品なので、韓国嫌いの人にオススメです。まあ韓国映画にはそういうの一杯ありますけど。
  • 34位の『The Witch/魔女』は記憶喪失の最強戦闘女子高生がオーディション番組に出てアイドル人気が出るという日本のアニメみたいな設定ですが、戦慄のオチが待っています。
  • 37位の『神と共に 第一章:罪と罰』も今年公開。韓国人の善の規範(母親愛、徴兵、検察嫌い)が過剰に描かれていて面白いです。
  • 57位の『風の丘を越えて/西便制』は1994年に日本で公開されたときにニュースになったのを覚えています。韓国との文化交流がそれ程あり得ないことだったんですね。当時の韓国側はもっと酷くて日本映画は上映禁止でした。
  • 80位の『クライング・フィスト』は韓国でも大人気の『あしたのジョー』にモロに影響を受けていて好感持てます。

集計の苦労

前回のデータがあるので楽勝でした。ただ『新感染』の表記揺らぎがすげえ多かった↓
f:id:hakaiya:20190910232346p:plain

投票者が前回の10倍になっていたのが驚きです。嫌韓ブームだからこそ逆にこのハッシュタグが盛り上がったのだと思います。それに四年前よりも韓国に興味を持つ人が増えたのでしょう。集計していて前回よりもライトな韓国映画ファンが増えたのを感じました。


前回の結果

hakaiya.hateblo.jp

集計元

togetter.com